株式会社みさち商会では内面の美しさと外観の美しさを追求した【鈑金・塗装・整備】
の卓越したプロフェッショナル・チーム編成が最高の仕上がりを創造します。

車のことならみさち商会。株式会社みさち商会は、各種自動車整備及び板金塗装、新車中古車販売、各種保険、民間車検工場等を営む、社歴が長い歴史ある企業です。

鈑金・塗装

塗装の極意を極める
熟練の塗装技術士の調色

クリックで【お見積りとお問い合せ】フォームへ移ります。

塗装の極意を極める

みさち商会の塗装の技術者は機械でも成せない調色のプロ。百戦錬磨の職人魂が息づいています。

な色合わせは熟練の塗装技術士のみがなせる技

どんなに優れた機械でも、この調色が、人の感性に勝ることはありません。

まして経験豊かでなければ直ぐに間違うのもこの調色。

みさち商会のお客様はもともと車業界のプロの方々がお客様でしたので、高度な品質管理を必要とするプロ仕様に対応する技術力をそのままに、一般のお客様へのサービスにも対応しています。

専用ブースでの細心の注意

塗装セクションでの順序は、【1】鈑金セクションでつけたパテをよりきめ細やかに調整して表面の凹凸をなくしていく(表面をツルツルにする)【地造り】から始まりますが、その前に、前セクションである鈑金セクションでの工程に不備がないかのチェックを厳重におこないます。

万一不備が発見された場合は、鈑金セクションに差し戻されて不備の修正が行われてから、再度同じチェックから始まります。

地造り】と【調色

【1】の【地造り】が終わったら、【2】機械でデータを参照しながら、ある程度の色を作ります。ただし、最新の機械でも同じ色は作ることができませんので、その色を元に、さらに【3】人間の目の感覚(感性)によって、実際のボディと同じ色を作り上げていきます。これが【調色】です。

次に塗装専用ブースにて、【4】塗装面のみを残してマスキングをし、【5】塗装面の汚れや脂分、ワックス系不純物を専用液でふき取ります。

ゴミや異物がつかないように注意しながら、【6】吹き付けを行います。その後【7】ブース内で乾かしてから、品質管理チェックをし、不備がなければ、最終的に【8】コンパウンドをつけてバフで磨きをかけます。

セクションのチェック体制

塗装セクションのチェック体制は、当然塗装行程において細部にわたるセルフチェックを行っていますが、各セクション共通の、前セクションでの工程が正しく行われているかのチェックも鈑金(整備)セクション同様に行われています。

この【8】コンパウンドをつけてバフで磨きをかける工程が終わった後、塗装セクションでの最終チェック管理が行われ、そのチェック後、外していた部品をつけるために、鈑金セクションに戻りますが、そこでは、塗装セクションでの工程が正しく行われているかをチェックして、万一不備が見つかった場合には、塗装セクションに差し戻しされて修正されます。

同じように鈑金(整備)から戻ってきたときに、前セクションでの工程(品質管理)が正しく行われているかをチェックして、万一不備がある場合には、やはり前セクションに差し戻しのフィードバックが行われます。

にもう一度
営業スタッフが最終品管理作業を行う

その後営業スタッフへ引き継ぎ、最後はもう一度営業スタッフの目を通して品質管理の重複チェックを行います。

みさち商会の【鈑金・塗装】
への【お問い合せ】はこちら

Misachi-Shokai Organized Group: As a firm we pride ourselves on giving clients the technical knowledge and service quality with a focus on personal relationships and affordability.