株式会社みさち商会では内面の美しさと外観の美しさを追求した【鈑金・塗装・整備】
の卓越したプロフェッショナル・チーム編成が最高の仕上がりを創造します。

車のことならみさち商会。株式会社みさち商会は、各種自動車整備及び板金塗装、新車中古車販売、各種保険、民間車検工場等を営む、社歴が長い歴史ある企業です。

鈑金・塗装

鈑金の極意を極める
鈑金技術士のなせる技

クリックで【お見積りとお問い合せ】フォームへ移ります。

鈑金の極意を極める

厳しい管理体制を支える鈑金行程には熟練スタッフが専属で行います。

のプロ鈑金技術士

みさち商会の鈑金は専属のプロ鈑金技術士が行っています。

厳しいチェック(管理)体制の下、忠実に形状を復元させていきます。

鈑金行程の一般的な流れとしては、【1】作業に邪魔になる部分を外す、【2】サンダーを使って凹んでいる箇所の色をはがす、【3】ハンマー行程もしくはスポットプル(凹みを引き出す機械で私たちは「ワッシャー」と呼んでいます)で凹みを引き出していきます。

の厚みを残したところまで可能な限り引き出す

この【3】の工程は、プロの鈑金技術士のなせる技であり、技術がない場合にありがちな、『技術が未熟なためにパテで埋めてしまう』ようなことはありません。

【3】の工程で塗料分の厚みを残したところまで可能な限り引き出したら、次は、【4】オービダルサンダーを使って塗料面と鉄板の段差をなくし、【5】必要最小限のパテを使って滑らかな曲線を復元します。

セクションのチェック体制

鈑金セクションのチェック体制は、当然鈑金行程において細部にわたるチェックを行っていますが、各セクション共通の、前セクションでの工程が正しく行われているかのチェックも行っています。

鈑金での工程が終了したら、塗装工程に移りますが、塗装セクションが鈑金工程が正しく行われているかをチェックして、万一不備が見つかった場合には、鈑金セクションに差し戻しされて修正されます。

同じように塗装(整備)から戻ってきたときに、前セクションでの工程(品質管理)が正しく行われているかをチェックして、万一不備がある場合には、やはり前セクションに【差し戻しのフィードバック】が行われます。

管理チェックを行い、最後にもう一度
営業スタッフが最終品管理作業を行う

鈑金行程の最後は、【6】外していた部品を丁寧につけなおして、【7】鈑金セクション最後の品質管理チェックを行います。

その後営業スタッフへ引き継ぎ、最後はもう一度営業スタッフの目を通して品質管理の重複チェックを行っています。

みさち商会の【鈑金・塗装】
への【お問い合せ】はこちら

Misachi-Shokai Organized Group: As a firm we pride ourselves on giving clients the technical knowledge and service quality with a focus on personal relationships and affordability.